【リーク】AMD Ryzen 7 5700G 8コアのCezanne「Zen 3」デスクトップAPUはDDR4-5333 MHzのメモリを搭載し、ベンチマークを実施

汎用型自作PCまとめ

スポンサーリンク


AMD-Ryzen-APU_2_R

282: Socket774 2021/02/23(火) 00:22:54.36 ID:LLKXbOdP0

AMD Ryzen 7 5700G 8 Core Cezanne ‘Zen 3’ Desktop APUの新しいベンチマークがChiphell Forumsでリークされました。ベンチマークを投稿したフォーラムのメンバーによると、このチップはまだエンジニアリングサンプルだが、ここでデモされたかなり高い周波数でDDR4メモリを起動することができるという。

AMD Ryzen 7 5700G8コアCezanne’Zen 3 ‘デスクトップAPUは、DDR4メモリのオーバークロックに関してはルノワールと同じくらい大げさです。

テストしたAMD Ryzen 7 5700G APUは、8コア16スレッドを搭載している。7nm Zen 3コアアーキテクチャをベースにしており、AMDがVermeer(Ryzen 5000)のラインアップで採用しているチップレットデザインと比較して、モノリシックパッケージを採用している。そのほかの仕様は、16MB L3&4MB L3キャッシュ、最大クロック速度4.6GHz、TDP 65Wなど。また、CPUには8コンピュートユニット構成でRadeon Vegaグラフィックスを搭載する。Ryzen 7 5700G ES APUが最近eBayに出品され、いくつかのベンチマークをチェックすることができます。

ベンチマークでは、AMD Ryzen 7 5700G ‘Zen 3’ CezanneデスクトップAPUを、いくつかの異なるDDR4メモリ構成でテストしました。テストプラットフォームには、印象的なメモリオーバークロック能力で知られるMSI MEG B550 Unify-Xマザーボードを使用しました。デュアルチャネル構成で合計16GBのメモリを使用しました。

AMD-Ryzen-7-5700G-8-Core-Cezanne-Zen-3-Desktop-APU_1


FCLKは既報の通り2.5GHzまでヒットすると記載されている。最初のブートアップはDDR4-4333でCL14-15-15-28のタイミングで行われた。その後、CL16-17-17-36のタイミングでDDR4-5000 MHzにプッシュされた。最後に、ユーザーはDDR4-5333(CL18-24-24-46)MHzのコンフィグでメモリーバーンテストを行ったが、AMDプラットフォーム上では長く動作させることはできなかった。

スポンサーリンク


AMD-Ryzen-7-5700G-8-Core-Cezanne-Zen-3-Desktop-APU_4


同期化されたFCLKを使用して、リーカーはInfinityのクロック速度2367MHzを得ることに成功した。最初のテストは DDR4-4733 (CL14-14-14-28) メモリ構成で行われ、AIDA64 キャッシュとメモリのベンチマークでは、レイテンシが 44.4 ns と低く、かなり良い数値が報告されました。同じDDR4メモリのタイミングを少し緩くした結果、レイテンシは45.8 nsと若干高くなりました。

全体的には、これらの結果は次期AMD Ryzen 7 5700G CezanneデスクトップAPUの印象的な結果であり、ルノアールAPUよりも確実に改善されています。小売サンプルの出荷が開始されてから、さらに良い結果を見ることができるでしょう。


(続きはこちら)
AMD Ryzen 7 5700G 8 Core Cezanne ‘Zen 3’ Desktop APU Benchmarked With Up To DDR4-5333 MHz Memory

287: Socket774 2021/02/23(火) 07:35:43.45 ID:j80PjwVe0
>>282
さすがに電圧盛りまくってるな


続きを読む

Source: 汎用型自作PCまとめ

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました