Intelのネットワークコントローラ「Intel I225-V」(開発コード名「Foxville」) の2.5GbEネットワークの問題はまだ残っている

スポンサーリンク


intel_logo

49: Socket774 (ササクッテロル Spbb-CWp/) 2020/05/22(金) 19:53:26.99 ID:zAbI0ucWp

Intel Foxville I225-V 2.5GbE Networking Issues Still Persist

Intel Foxville I 225-V 2.5 GbEネットワーキングの問題はまだ残っているようです-いくつかのZ490マザーボードが影響を受ける可能性があり、新しいB3リビジョンは2020年下半期に予定されています

先月、インテルI 225-V 「Foxville」ネットワークチップに発生した重大な欠陥について報告しましたが、インテルは、Z490マザーボードに搭載された新しいリビジョンで修正され、現在小売店で販売されていると主張しています。しかし、当社のソースによるテスト結果では、この問題はまだ解決されておらず、Foxvilleコントローラを搭載するいくつかのZ490マザーボードは影響を受け続け、2.5GbEネットワークコントローラが提供すべきネットワーク速度を提供できない可能性があります。

Intel Foxville I 225-V 2.5GbEネットワークの問題はまだ残っており、いくつかのZ490マザーボードは適切なハードウェア修正が2020年後半に予定されていることに影響を受けているようだ
Intelのネットワークコントローラ 「Intel I225-V」 (開発コード名 「Foxville」 ) は、2.5GbEネットワークの速度を実現することを目指している。これは、新しい400シリーズチップセットベースのマザーボードの一部であり、プラットフォームの目玉機能の1つです。I 225-V 「Foxville」は2.5 Gbeネットワークコントローラで、メインストリームのプラットフォームで2.5 Gbe LANを標準化するように設計されています。Intelのネットワークコントローラは、Intel自身のチップセットベースのマザーボードとAMDのチップセットを搭載したマザーボードの両方で使用されている。

先月、このコントローラにはパケット損失を引き起こし、1~10 Mb/sの範囲でネットワークパフォーマンスを低下させる欠陥があるという報告があった。現在のI 225-Vコントローラのシリコンに関する緩和策のリストがIntelによって言及されていますが、これはFoxvilleコントローラのリンクを1 Gb/秒で動作するように設定することをユーザー/OEMに推奨するもので、Intelが宣伝していたものよりもはるかに少ないものでした。

Intelはこの件について正式に回答し、「V2 」として知られるFoxvilleシリコンの最新製造バージョンはすでに製造されており、現在小売店で出荷されているいくつかのZ490マザーボードに統合されていると主張した。この新しいB2ステッピングは、確かにいくつかのZ490マザーボードに搭載されていますが、先に述べたように、我々の情報源は問題が完全に解決されていないことを示しているようです。

この件に関するIntelの公式見解は以下の通り。

スポンサーリンク


「Intelは最高レベルの製品品質を提供することに力を入れており、最新の製造バージョンではすでにこの問題を修正している。I225 v2はすでに運用中です。一部の2.5 GbEスイッチおよびルータとペアにすると、パフォーマンスが低下するIntel Ethernet Controller I225のIEEE仕様の相違を特定しました。この問題が発生した場合は、最新のソフトウェアドライバと関連するファームウェアがインストールされていることを確認する必要があります。また、互換性のあるスイッチおよびルータについては、https://www.intel.com/i225v1を参照して2.5 Gb/秒で接続できることを確認してください。」

04-Buggy_Intel_I225_b2-740x417

03-Stable_2.5GbE-740x416

筆者の情報筋が実施したネットワーク性能テストでは、B2ステッピングのZ490マザーボードは、NetgearのXS 505 Mスイッチを使用した場合、約255 MB/s (2.05 Gbps)の転送速度(スイッチなし)と、さらに低速の144 -194 MB/s (2.0 Gbps未満)を実現した。

これに対し、サードパーティ製の2.5 GbEネットワーキングスイッチを搭載したZ490マザーボードは、スイッチを使用しなくても一貫した速度を実現します。われわれが入手した情報によると、ASUSとギガバイトを中心とするZ490マザーボードの大規模なリストは、まだB2ステッピングのチップに依存しているため、この問題の影響を受ける可能性がある。他のZ490ベンダーはサードパーティ製のネットワークコントローラに依存しているため、この問題は発生しません。

問題は残るが、ユーザーはいつネットワーク問題の適切な修正を期待できるのだろうか。この場合も、ハードウェアレベルの修正が必要になります。B2ステッピング・ボードは影響を受け続けますが、インテルは将来の新しいファームウェア・リリースでこの問題を緩和することができます。Intelは、2020年6月までにFoxville B3ステッピング・チップの生産を開始する予定であり、ハードウェアレベルの固化によって問題を完全に解決する予定です。また、この問題がどの程度広がっているかを確認するには、他のさまざまなスイッチを使用したテストを待つ必要があります。

https://wccftech.com/intel-foxville-i225-v-2-5gbe-networking-issues-persist-z490-motherboards-affected/

インテルのLANチップi225-Vのバグがまだ直ってない模様

50: Socket774 (ササクッテロル Spbb-CWp/) 2020/05/22(金) 19:57:38.01 ID:zAbI0ucWp
>>49
これが原因で、アスロックとギガバイトはZ490マザーにリアルテックの2.5G用LANチップを全面採用した。


続きを読む

Source: 汎用型自作PCまとめ

スポンサーリンク


【必見!簡単作業で5,000円】

 

5分程の作業で5,000円の報酬がもらえる案件があります(もちろん登録無料)

詳しくは以下よりお問い合わせ下さい!

※必ず「加治」からの紹介と伝えてください。
↓↓↓
bit.ly/2IdqX2E

LINE ID:@taka5(@を含めてださい)

6つの簡単おすすめ利益案件!いい情報入りまくったので改定しました。
10万程度の初期投資できない人は見る必要なし。
今の10万より毎月の5万。

https://lifehack.soccermaniaclub.com/?page_id=24337

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする