【リーク】AMD Zen3 CPUはZen2アーキテクチャと比較し17%前後のIPC向上を実現する?

DIY情報

スポンサーリンク


amd_ryzen

686: Socket774 2019/12/28(土) 18:53:10.46 ID:SoXO/lKs
zen3はzen2比でIPC17%アップてまじかよ・・


新しい情報源によると、Ryzen4000ではさらにパフォーマンスが向上しているという。IPCが17%増加し、クロック周波数が100MHzから200MHz高くなるという話がある。

AMDはZen2アーキテクチャで非常に成功しており、Ryzen3000として知られています。2020年末にはこの世代に続いてZen3が登場する予定であり、現在では以前の予想を大幅に上回るパフォーマンスを提供するとうわさされています。RedTechGamingは、いくつかの独立した情報源を引用してこのことを報告している。この新しいプロセッサはRyzen4000と呼ばれ、Zen2(ライゼン3000)を大幅に上回るパフォーマンスが期待できる。Zen+(ライゼン2000)と比較すると、AMDはIPCだけで15%のパフォーマンスを約束している。

AMD Zen3(情報源:Red Gaming Tech)
・整数のパフォーマンスは10~12%高くなります。
・FPUのパフォーマンスは最大50%向上するはずです。
・IPCの平均利得は+17%になるはずだ
・現在のエンジニアリングサンプル(サーバー領域)のクロックレートゲインは100~200MHzです
・Ryzen4000のCPUコアの数はRyzen3000と等しくなければなりません。

AMDは、整数演算性能(整数計算)が10~12%向上する一方、FPU性能(浮動小数点計算)は最大50%向上するとしている。同時に、若干高いクロックレートが予想されます。100から200MHzのチャタリングがあり、これはIPCの17%の増加と合わせて、Zen2と比較してコア性能が約15から20%増加することを示唆している。

スポンサーリンク


この新しいチップは、受託製造会社TSMCの新しい7nm EUV(極端紫外)プロセスで製造され、アーキテクチャは再び更新されるようです。Zen3は、現在古くなっているAM4ソケットの最後の世代と言われている。AMDは、Ryzen3000と同様のコア数(6~16)を維持する。

untitled-1
Ryzen 4000 rumors: Allegedly can offer an up-to 20 percent extra perf over Ryzen 3000
New sources report further performance gains with Ryzen 4000 - there is talk of 17 percent more IPC and 100 to 200 MHz higher clock frequencies....

Ryzen 4000 seriesは17%前後の性能向上を実現
整数演算性能は10~12%の向上
浮動小数点演算ユニットの性能は最大50%増
IPCの平均上昇幅は17%
周波数の上昇幅はサーバー向けの現時点でのEngineering Sampleで100~200MHz
CPUのコア数はRyzen 3000 seriesと同じ

710: Socket774 2019/12/28(土) 21:34:22.19 ID:HAsh7gwt
>>686
マジ?
AMDどうしてしまったんだ…


続きを読む

Source: 汎用型自作PCまとめ

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました